Top >  時候の挨拶文例 >  時候の挨拶・文例集【春:3月・4月・5月】

時候の挨拶・文例集【春:3月・4月・5月】

時候の挨拶は、その手紙を相手が受け取る時期に合わせて、
相応しいものに使い分けることが常識です。ここでは、春の季節に使う
時候の挨拶を、それに相応しい結びの挨拶を紹介します。


【三月 弥生(やよい)】

●時候の挨拶

早春の候/向春の候/浅春の候/浅春のみぎり/ようやく春めいてまいり/
日増しに春めいてまいりました/一雨ごとに春めいてまいりました/

●結びの語

・寒さもあと一息です、元気な春を迎えましょう
・春とともに皆様の上にも幸せが訪れますようお祈りいたします
・日々暖かくなりますが、油断して風邪などお召しになりませぬよう



【四月 卯月(うづき)】

●時候の挨拶

陽春の候/陽春のみぎり/春暖の候/春暖のみぎり/桜花爛漫の候/
春たけなわのころとなりました/春光うららかな季節を迎え/
春眠暁を覚えずと申しますが/日増しに暖かくなってまいりました/

●結びの語

・見頃のうちに、お花見にお誘いくださいませ
・花冷えの頃は体調を崩しやすいものです、どうぞご自愛のほどを
・新しい環境で心機一転、皆さまの幸福をお祈りいたします



【五月 皐月(さつき)】

●時候の挨拶

新緑の候/若葉の候/薫風(くんぷう)の候/薫風のみぎり/
惜春(せきしゅん)の候/惜春のみぎり/風薫る五月/

風薫る爽やかな季節となりました
五月晴れ続く爽やかな季節となりました

●結びの語

・大空を泳ぐ鯉幟に負けないよう、我々もはりきりましょう
・さわやかな季節です、いつにも増して活動的に過ごしてください
・梅雨のはしりのように気まぐれな空の下、十分お体にお気を付けください

スポンサードリンク

その他春,3月,4月,5月,文例の情報

二十四節気を参考にしよう

「二十四節気(にじゅうしせっき)」とは節分を基準に1年を24等分して約15日ごとに分けた節気の総称です。
旧暦で季節を知るためのに考案されたのと言われています。
二十四節気を手紙やはがきで時候の挨拶を書く上で参考にすることができます。


時候の挨拶・ビジネス関係

ビジネス関係の手紙やメールで用いる時候の挨拶を紹介します。


時候の挨拶での間違えやすいこと。

時候の挨拶で、一つ注意をしなくてはいけません。

というのも、結婚式の招待状等を提出する際に、
時候の挨拶が加わる事が殆どだと思いますが、
あくまでも、相手が届く頃をしっかりと見計らいましょう。

時候の挨拶とは?手紙が一般的なの?

時候(じこう)の挨拶を、知っていますか?時候の挨拶は、美しい手紙や
礼儀正しい文章を書くときに、正しく使いたい季節の挨拶です。

手紙を書くとき、はがきを書くときの挨拶文

時候の挨拶を使う場面を考えてみてください。一番多いのは、手紙で、
目上の方や親しい人に連絡を取るときではないですか?

時候の挨拶のマナーを教えて!

時候の挨拶を正しく使って、手紙を美しく彩りましょう。ここでは、
時候の挨拶のマナーと、それに伴う手紙のマナーを紹介します。
手紙を書き始める前に、ぜひ一度チェックしておいて欲しいマナーばかりです。

時候の挨拶・文例集【夏:6月・7月・8月】

時候の挨拶は、手紙を相手が受け取る時期を考え合わせて、それに相応しく
アレンジすることが大切です。ここでは、夏の季節に用いる時候の挨拶を、
紹介します。

時候の挨拶・文例集【秋:9月・10月・11月】

時候の挨拶は、手紙を相手が受け取る季節を美しくあらわした言葉を
選ぶことが大切です。また、受け取る相手に相応しい文を選ぶことにも
気をつけましょう。ここでは、秋の季節に用いる時候の挨拶を紹介します。

時候の挨拶・文例集【冬:12月・1月・2月】

時候の挨拶は、季節に応じ、また受け取る相手の状況に応じ、
それぞれに相応しいものを選ぶことが楽しみの一つとなります。
ここでは冬の季節に用いる時候の挨拶と、結びの文を紹介します。


時候の挨拶文例

時候の挨拶文例を、季節に分けて紹介します。

関連エントリー

震災後の挨拶文
時候の挨拶・ビジネス関係
時候の挨拶・文例集【春:3月・4月・5月】
時候の挨拶・文例集【夏:6月・7月・8月】
時候の挨拶・文例集【秋:9月・10月・11月】
時候の挨拶・文例集【冬:12月・1月・2月】