Top >  手紙で時候の挨拶 >  二十四節気を参考にしよう

二十四節気を参考にしよう

「二十四節気(にじゅうしせっき)」とは節分を基準に1年を24等分して約15日ごとに分けた節気の総称です。
旧暦で季節を知るためのに考案されたのと言われています。
二十四節気を手紙やはがきで時候の挨拶を書く上で参考にすることができます。



二十四節気一覧

季節 節月 節(せつ) 中(ちゅう)
1月 立春(2月4日ごろ) 雨水(2月19日ごろ)
2月 啓蟄(3月6日ごろ) 春分(3月21日ごろ)
3月 清明(4月5日ごろ) 穀雨(4月20日ごろ)
4月 立夏(5月6日ごろ) 小満(5月21日ごろ)
5月 芒種(6月6日ごろ) 夏至(6月21日ごろ)
6月 小暑(7月7日ごろ) 大暑(7月23日ごろ)
7月 立秋(8月7日ごろ) 処暑(8月23日ごろ)
8月 白露(9月8日ごろ) 秋分(9月23日ごろ)
9月 寒露(10月8日ごろ) 霜降(10月23日ごろ)
10月 立冬(11月7日ごろ) 小雪(11月22日ごろ)
11月 大雪(12月7日ごろ) 冬至(12月22日ごろ)
12月 小寒(1月5日ごろ) 大寒(1月20日ごろ)

・二十四節気は年によって日にちが異なることがあります。
・その年の正しい二十四節気は暦要項を参考にして下さい。
・二十四節気の他にも季節の移り変わりを表すものに「雑節(ざっせつ)」と呼ばれるものがあります。


スポンサードリンク

その他二十四節気,時候,あいさつの情報

時候の挨拶・ビジネス関係

ビジネス関係の手紙やメールで用いる時候の挨拶を紹介します。


時候の挨拶での間違えやすいこと。

時候の挨拶で、一つ注意をしなくてはいけません。

というのも、結婚式の招待状等を提出する際に、
時候の挨拶が加わる事が殆どだと思いますが、
あくまでも、相手が届く頃をしっかりと見計らいましょう。

時候の挨拶とは?手紙が一般的なの?

時候(じこう)の挨拶を、知っていますか?時候の挨拶は、美しい手紙や
礼儀正しい文章を書くときに、正しく使いたい季節の挨拶です。

手紙を書くとき、はがきを書くときの挨拶文

時候の挨拶を使う場面を考えてみてください。一番多いのは、手紙で、
目上の方や親しい人に連絡を取るときではないですか?

時候の挨拶のマナーを教えて!

時候の挨拶を正しく使って、手紙を美しく彩りましょう。ここでは、
時候の挨拶のマナーと、それに伴う手紙のマナーを紹介します。
手紙を書き始める前に、ぜひ一度チェックしておいて欲しいマナーばかりです。

時候の挨拶・文例集【春:3月・4月・5月】

時候の挨拶は、その手紙を相手が受け取る時期に合わせて、
相応しいものに使い分けることが常識です。ここでは、春の季節に使う
時候の挨拶を、それに相応しい結びの挨拶を紹介します。

時候の挨拶・文例集【夏:6月・7月・8月】

時候の挨拶は、手紙を相手が受け取る時期を考え合わせて、それに相応しく
アレンジすることが大切です。ここでは、夏の季節に用いる時候の挨拶を、
紹介します。

時候の挨拶・文例集【秋:9月・10月・11月】

時候の挨拶は、手紙を相手が受け取る季節を美しくあらわした言葉を
選ぶことが大切です。また、受け取る相手に相応しい文を選ぶことにも
気をつけましょう。ここでは、秋の季節に用いる時候の挨拶を紹介します。

時候の挨拶・文例集【冬:12月・1月・2月】

時候の挨拶は、季節に応じ、また受け取る相手の状況に応じ、
それぞれに相応しいものを選ぶことが楽しみの一つとなります。
ここでは冬の季節に用いる時候の挨拶と、結びの文を紹介します。


手紙で時候の挨拶

手紙に時候の挨拶を添えて、素敵な手紙を仕上げましょう!

関連エントリー

二十四節気を参考にしよう
手紙を書くとき、はがきを書くときの挨拶文